コラム 交通事故 早期相談・依頼のすすめ

いつ相談したら良い?

 交通事故の相談のタイミングは,事故直後,治療費打ち切り時,治療中,治療終了時,後遺障害認定申請時,後遺障害認定時,示談金提示時などいろいろ考えられます。勿論,どのタイミングでご相談・ご依頼をいただいても,それぞれの状況に応じて対応は可能ですが,当事務所では,できるだけ早期のご相談・依頼をお勧めしています
 今回は,その理由について以下でご説明します。

不安の軽減・解消

 早期相談をお勧めする理由はいくつかありますが,大きな理由の一つは,事故直後のいろんな不安を軽減・解消できることです
 交通事故の被害に遭った方の多くは,どうしたら良いかわからない,相手方や保険会社の担当者の使っている専門用語がわからない,この書類はどんな意味があるんだろう,こんなこと相談していいんだろうか,といった不安,悩み,疑問を抱えています。
 私たちの経験上,初回の相談で解消できる皆さまの不安・悩み・疑問も非常に多いですので,早期にご相談されることをお勧めします

見通しが立てられる

 相談では,解決までの流れ,全体の見通し,必要な手続,治療中の留意点,解決に要する時間,弁護士費用等について,現状でわかっている事情をもとに説明・アドバイスを受けることができます。
 勿論,事故直後ですと,相談時に持っている情報が少なすぎて見通しが立てられない場合もありますが,その場合でも,今後見通しを立てるために必要な情報や資料の収集について説明・アドバイスができます。
 解決までの流れ,全体の見通し,治療中の留意点を理解したうえで,治療に専念することができますので,早期相談のメリットは大きいと思います

交渉窓口を任せられる 

 事故後の煩わしい問題として,加害者や保険会社との連絡,やりとり,交渉があります。
 交通事故に遭われた方からは,加害者とは直接連絡をとりたくない,保険会社の担当者は専門用語ばかり使うので自分も話がわかる人に窓口を任せたい,などという声が多く寄せられます。
 相談の後,弁護士に事件を委任した場合は,交渉窓口を弁護士に任せることができます。
 交渉窓口を弁護士に任せることにより,相手方から直接連絡が来ることがなくなりますので,皆さんは,治療・仕事・家事・育児などに専念できるというメリットがあります
なお,行政書士や司法書士(認定司法書士の例外あり・140万円まで)は,交渉の窓口や代理人となることはできませんので,ご注意ください

証拠がなくなるのを防ぐ 

 交通事故では,自分の言い分と相手方の言い分が食い違うことがよくあります。その場合,自分の主張を通すためには,それを裏付ける証拠を確保しなければなりません
 証拠の確保は,裁判のために当然必要なことですが,裁判に限らず,示談交渉で自分の主張を有利に認めてもらうためにも必要なことです。
 しかし,証拠は時間とともに失われていきます

 例えば,

     路面のブレーキ痕・・・車の通行や降雨などで消えます

     車のキズ    ・・・修理で消えます

     映像(車載カメラ・ドライブレコーダー・防犯カメラ等)・・・上書きや消去で消えます

     目撃者の記憶  ・・・時間の経過で不正確になり,やがて失われます

 

 

 

 証拠を早期に確保(保全)することは,自分の正しい主張を通すため,相手方の不当な主張を排斥するために,必要不可欠なことです。

 早期に相談をいただければ,証拠を確保(保全)するためのアドバイスを行うことができます。

 また,早期にご依頼をいただければ,証拠保全の手段を講ずることもあり得ます。
 例えば,防犯カメラの映像などは,数日・数週間・数か月単位でデータが上書きされて消えてしまうことが多いです。事前にカメラの設置者等に画像を消さないように依頼しておくと,入手に時間や手続を要する場合でも,データを保存しておいてもらえる場合があります。

治療中の留意点 

 事故後の治療は,長期間を要する場合も多いですが,ご相談では治療中の留意点についてもアドバイスを行うことが可能です
 例えば,治療中に病院を変わる場合,最初は気付かなかった症状が出てきた場合,整骨院などでの治療を希望する場合,後遺障害認定が見込まれる場合など,それぞれの場面で様々な留意点があります。
また,ご依頼をいただいた場合は,必要に応じて病院や主治医の先生にご協力をお願いし,治療の見通しや後遺症の見込み等について直接お話しを伺うこともあります。
治療終了時(症状固定時)に後遺症が残りそうな場合は,後遺障害認定の手続を見据えて必要な資料の確保等についてアドバイスができます。

 できるだけ早期のご相談・ご依頼をお勧めする理由は,以上のとおりです。
非常にメリットが多いですので,是非,早期相談・依頼をご検討ください

本コラムは平成29年3月3日に執筆されたものです。記載内容につきましてはその時点の情報をもとに作成されております。また、内容に関しましては、万全を期しておりますが、内容全てを保証するものではありませんのでご了承ください。

法律相談受付中

092-260-8211

法律相談のご予約平日・土曜 9:00 ~ 18:00(完全予約)

法律相談は当日・時間外・土日祝日も空きがあれば対応可

メールでのご相談・ご依頼24時間予約受付

以下の 4 つのテーマはホームページ経由の場合、初回無料相談で対応させていただきます。

無料相談のテーマ(初回 45 分)

  • 交通事故
  • 債務整理
  • 離婚
  • 相続

その他の相談は有料となります。

相談費用の詳細はこちら

法律相談受付中

092-260-8211

法律相談のご予約平日・土曜 9:00 ~ 18:00(完全予約)

法律相談は当日・時間外・土日祝日も空きがあれば対応可

メールでのご相談・ご依頼24時間予約受付

以下の 4 つのテーマはホームページ経由の場合、初回無料相談で対応させていただきます。

無料相談のテーマ(初回 45 分)

  • 交通事故
  • 債務整理
  • 離婚
  • 相続

その他の相談は有料となります。

相談費用の詳細はこちら

主なお客様対応エリア